意匠建築としての立体物をモデリングする工程をつかむ!

Rhinocerosを用いた建築物モデリングの手法を学習されたい方向けの入門トレーニングです。
3次元の建築モデリングに必要な基本操作およびコマンドを習得します。

建築業界での活用が叫ばれる『Grasshopper』の習得を目指す方であっても、ベースとなるRhinoモデリングの知識として是非ご受講ください。

概要

期間2日間(6時間×2日)
10:00~17:00 ※昼1時間休憩
会場ディプロス株式会社 トレーニングルーム(名古屋)
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3-17-6 ナカトウ丸の内ビル2F(MAP
オンライン教育の場合、お客様のご受講場所は問いません。
定員講師と受講企業様(複数名受講可)で行うマンツーマン形式
受講料税別72,000円
※全270ページのテキスト・教育用サンプルデータ付き
受講後3ヶ月間トレーニング内容に関するご質問をお受けします。
内容基本的な操作および建築物モデリングで必要となってくる以下の操作を学びます。
(Rhinoceros 6 for Windowsを使用)
  • 指定の座標位置、長さ、角度で図形の作成
  • 曲線およびサーフェスの切断と結合
  • 輪郭線と断面線を用いたサーフェスの作成
Chapter 1 Rhinocerosの機能を活用
Rhinoで扱えるオブジェクト種類
開いた形状と閉じた形状について
テンプレートファイルの種類の違い
インターフェース
3ボタンマウスの機能
コマンド入力方法
オブジェクトの選択
ファイルの保存
オブジェクトスナップについて
ガムボール
ビューのカメラ設定
レイアウト・ビューを印刷
クリッピング平面による断面形状チェック
作業平面
Chapter 2 モデリングのためのコマンド
作図コマンド(長方形、円、円弧、多角形、ポリライン、自由曲線)
サーフェスコマンド(押し出し、1レールスイープ、2レールスイープ、ロフト)
座標および長さ、角度を伴う数値入力方法
移動、コピー、ミラーコピー、回転
トリム・分割
演習:ラーメン構造のモデリング
Chapter 3 既存建築をトレースしてモデリングを学ぶ
演習:ホキ美術館のモデリング
Chapter 4 Rhinocerosでの大量のデータ生成方法
演習:ポリゴナルタワーのモデリング
延床面積の算定
Grasshopperの可能性
Chapter 5 モデルデータの連携
DXF/DWGファイルのインポートとエクスポート
IGES/STLファイルへのエクスポート
データ変換時の注意点
Rhino3Dデータからの図面作成

※本トレーニングでは、書籍「Rhinocerosで学ぶ建築モデリング入門」をベースのテキストとして学習を進めますが、弊社オリジナルでいくつかの学習用課題も追加しております。
※本トレーニングで使用したサンプルの学習用データは、ご受講後にダウンロードして復習いただくことが可能です。

トレーニングの目標と対象者

到達目標

  • Rhinocerosで3Dモデルを構築するのに不可欠な、サーフェスの骨組みとなる図形の作図方法を習得。
  • さまざまなRhinocerosの有効な機能の把握と操作方法を理解。
  • 意匠建築としての立体物をモデリングする工程をつかむ。

こんな方にオススメ

  • これからRhinocerosを使用される初心者の方
  • Rhinoceros を使い始めてはいるが、操作方法に疑問が生じてモデリングが行き詰まってしまう方
  • Grasshopper使用の準備として、Rhinocerosの基本操作を知っておきたい方

※「建築モデリング向けのGrasshopper入門トレーニング」も開催しておりますので、そちらの受講も合わせてご検討ください。

受講者様の声

Coming soon…

お申込み

    ご記入頂いた個人情報は、セミナーおよびトレーニングの実施・運営のため、講師の参考資料として利用するほか、弊社からの各種連絡・情報提供のために利用させて頂きます。また弊社の提供するセミナー・トレーニング・取扱商品・出展イベントのご案内、並びに資料の発送以外の目的で使用することはございません。
    弊社における個人情報のお取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。

    新型コロナウイルス 感染拡大に伴うトレーニング対応について】※2020年6月よりオンライン教育も承っております。
    オンライントレーニングの詳細についてはこちら

    トレーニング名

    Rhinoceros 建築トレーニング

    開催日時 [必須]

    会社名

    部署名

    申込者名 [必須]

    申込者名フリガナ [必須]

    申込人数 [必須]

    郵便番号 [必須]

    住所 [必須]

    電話番号 [必須]

    メールアドレス [必須]

    お客様の業務内容

    Rhinocerosのご導入 [必須]

    導入済未導入

    Rhinocerosのご利用目的

    工業デザイン機械設計モールド設計試作治工具・金型CAMレンダリング・アニメーションゲームリバースエンジニアリングその他 

    他にご利用のソフトウェア

    AutoCADCATIASolidworksGeomagicVectorworksNXInventor3dsMaxCinema4DMODOZBrushFusion360その他 

    本セミナー・トレーニングをどこで知りましたか?

    弊社ホームページ弊社からの案内メール担当営業からの案内知人からの紹介その他 

    その他連絡事項


    お支払い方法につきましては、お申込み後担当者よりご連絡します。


    その他のRhinocerosトレーニング

    Rhinoceros 基礎トレーニング
    Rhinoceros 応用トレーニング
    Rhinoceros オーダーメイドトレーニング
    Glasshopper トレーニング
    edu_grasshopper_kentiku