正しい操作方法を学びモデリング作業のクオリティをアップ!

Rhinocerosを使用していると、操作方法や使用するコマンド、オブジェクトによって何かしらの問題が発生してしまいます。

本トレーニングはRhinocerosの正しい操作方法を学び、トラブルシューティングにかかる時間を短縮することで、本題のデザインデータ作成に集中できるスキルを身に着けていただきます。

メーカー認定の基礎・応用トレーニングでは紹介しきれない内容を学習できます。

こんな方にオススメ

  • Rhinocerosを既に業務で使用しているが、もっとモデリングアプローチの幅を広げたいという方
  • 曲面作成で正しく操作しているはずなのに壁にぶつかると感じている方
  • モデリング課題に対して柔軟に対応できる知識量を増やしたいという方

具体的な到達目標

  • Rhinocerosの面張りコマンドで使用されるカーブを最適な状態で作成し、サーフェス表面にヨレや無駄な制御点のない状態にする。
  • モデリングに関する知識を身に着けて適切なモデリング操作をできるようになる。
  • フィレットコマンドで破たんする形状を補修できるようになる。

トレーニング概要

期間1日(7時間)
10:00~18:00 ※昼1時間休憩
会場ディプロス株式会社 トレーニングルーム(名古屋)
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3-17-6 ナカトウ丸の内ビル2F(MAP
オンライン教育の場合、お客様のご受講場所は問いません。
定員講師と受講企業様(複数名受講可)で行うマンツーマン形式
受講料税別50,000円 税込55,000円
※全38ページのテキスト・教育用サンプルデータ付き
受講後3ヶ月間トレーニング内容に関するご質問をお受けします。
内容面張りコマンドで生成されるサーフェスと、使用される骨組みの曲線との最適な関係性について学びます。
正しい操作を行っていても曲線の構造が良くないと、綺麗なサーフェスが構築されません。
さまざまなモデリング課題に取り組みながらデザインサーフェスモデリングに必要な知識を身に着けていただきます。
Chapter1 作成形状に合わせたNURBS次数の設定
円形~長方形と異断面に変異するサーフェス
次数1で作成されるコマンド
サーフェスコマンドによって生成される曲面の次数(滑らかさ)の違い
Chapter2 モデリング課題のトライ
サーフェス端部を丸くふさぐ
折り目のついたドアミラー
スカルプティングで作成するイスの背
起伏に富んだフロントバンパー
Chapter3 モデリングトラブルの対処
サーフェスコマンドでなぜか連続性が設定できない
なぜか不自然なサーフェスのつながりになる
フィレットサーフェスの修正(3辺のエッジ交差部、コマンド実行で破損した場合の補修)
ネットワークサーフェスの活用
Chapter4 特殊なモデリング手法
Grasshopperを使用してサーフェス表面に形状を配列

受講者様の声

 デザイン事務所デザイナー様

今までライノセラスを使用する中で不明瞭だった事が鮮明に理解が進みました。
これは教えてもらわないと独学ではなかなかたどり着けないモデリング内容だと感じました。
この様な内容は今後ぜひ色々と開発してほしいです。

 車輌用品開発会社様

ライノセラスの根幹であるNURBSについての知識を背景とするので、講師の方も説明しづらい内容かと思いますが、とても丁寧に質問にも答えていただき、楽しく集中力を保ちながら学習できました。
教えてもらった内容をもとに自社製品のモデリング工程を見直してみようと思います。

お申込み

    ご記入頂いた個人情報は、セミナーおよびトレーニングの実施・運営のため、講師の参考資料として利用するほか、弊社からの各種連絡・情報提供のために利用させて頂きます。また弊社の提供するセミナー・トレーニング・取扱商品・出展イベントのご案内、並びに資料の発送以外の目的で使用することはございません。
    弊社における個人情報のお取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。

    新型コロナウイルス 感染拡大に伴うトレーニング対応について】※2020年6月よりオンライン教育も承っております。
    オンライントレーニングの詳細についてはこちら

    トレーニング名

    Rhinoceros クオリティアップトレーニング

    開催日時 [必須]

    会社名

    部署名

    申込者名 [必須]

    申込人数 [必須]

    申込者名フリガナ [必須]

    郵便番号 [必須]

    住所 [必須]

    電話番号 [必須]

    メールアドレス [必須]

    お客様の業務内容

    Rhinocerosのご導入 [必須]

    導入済未導入

    Rhinocerosのご利用目的

    工業デザイン機械設計モールド設計試作治工具・金型CAMレンダリング・アニメーションゲームリバースエンジニアリングその他 

    他にご利用のソフトウェア

    AutoCADCATIASolidworksGeomagicVectorworksNXInventor3dsMaxCinema4DMODOZBrushFusion360その他 

    本セミナー・トレーニングをどこで知りましたか?

    弊社ホームページ弊社からの案内メール担当営業からの案内知人からの紹介その他 

    その他連絡事項


    お支払い方法につきましては、お申込み後担当者よりご連絡します。

    その他のRhinocerosトレーニング

    Rhinoceros 基礎トレーニング
    Rhinoceros 応用トレーニング
    Rhinoceros オーダーメイドトレーニング
    Glasshopper トレーニング
    edu_grasshopper_kentiku