Rhinoceros 応用トレーニング

3日で上級レベルのサーフェスの取り扱いを習得!

Rhinoceros開発元である、米国McNeel社認定の応用トレーニングコースです。
Rhinoのモデリングでは数枚の曲面サーフェスを結合させて製品全体を表現します。
サーフェスの継ぎ目を折れなく自然な印象でつなぎ合わせ、シンプルかつ美しいモデルを作成する為の講義と操作説明のトレーニングをいたします。

概要

期間3日間(6時間×3日)
10:00~17:00 ※昼1時間休憩
会場ディプロス株式会社 トレーニングルーム(名古屋)
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3-17-6 ナカトウ丸の内ビル2F(MAP
定員6名(先着順)
受講料税別120,000円(1社2名以上の場合→102,000円/名)
※全176ページのテキスト・教育用サンプルデータ付き
内容次数の違いによるオブジェクトの品質の違いと連続性についての講義、及びカーブとサーフェスを滑らかに接続する方法の実践を行います。
身の回りの製品にある形状をRhinocerosではどのように作成するのか高度なモデリングテクニックと、ツールバーのカスタムやショートカットキーの設定方法なども紹介し、モデリング作業環境の向上も図ります。
Chapter1 はじめに
ウォーミングアップ: トラックボールマウスの作成
Rhinoモデリングで求められる制御点の扱いについて
Chapter2 Rhinoインターフェースのカスタマイズ
ツールバーレイアウトの作成
コマンドエイリアス / ショートカットキーの設定
プラグイン、スクリプトの設定
テンプレートファイルの作成
Chapter3 NURBSトポロジー
サーフェスUV方向の認識 / シームと特異点について
トリムサーフェスのトリム解除とシュリンク
Chapter4 曲線の作成と連続性
曲線の次数による形状の違い
2つの曲線間を接続するマッチングと連続性の違い
Chapter5 サーフェスの連続性
サーフェスの解析
サーフェスのマッチングと連続性
Chapter6 連続性を実現するサーフェス作成コマンド
ネットワークサーフェス / 2レールスイープ / パッチ / ブレンドサーフェス / ロフト / フィレット面とブレンド面
カドを丸く接続させた石鹸型の直方体の作成
Chapter7 ヒストリーを使ったモデリング
ヒストリーの基本操作 / ヒストリー対応コマンド
Chapter8 高度なサーフェステクニック
ドーム型ボタンの作成3パターン / 作業平面のカスタム
折り目のあるサーフェスの作成2パターン
フェアリングによるサーフェス形状の制御
吸入口形状におけるカットアウト面の作成(2つのフィレット面をなじませる)
Chapter9 デザイン画像からのモデル製作
三面図からのモデリング
Chapter10 Adobe Illustratorデータの入力とモデリング
AiデータをRhinoにインポートする際の注意点
サーフェスUVN方向の理解
Chapter11 スカルプティング・テクニック
制御点編集によるダッシュボードの作成
Chapter12 変形ツール
ケージ編集および各種変形ツールによるオブジェクトの変形
Chapter13 ブロック
ブロック定義の基本操作 / ブロックの挿入と変更
Chapter14 トラブルシューティング
モデル修復のガイドライン ~破損オブジェクトの検出、解析と修正
IGESファイルのインポート

トレーニングの目標と対象者

到達目標

  • サーフェスを継ぎ目なく自然な印象でつなぎ合わせる為の、連続性の知識と必要なコマンド操作を学習します。
  • 数種類ある面張りコマンドを使い分ける方法を理解し、モデリング時の迷いやアプローチ方法の間違いが少なくなります。
  • 独学では達成できない高度なモデリングテクニックや、Rhinoのビューに三面図の画像を取り込んで、トレース→モデルの立ち上げといった作業方法を習得します。

こんな方にオススメ

  • ある程度Rhinocerosの操作に取り組んでいるが、目的の形状をモデリングするためには更に知識が必要と感じている方
  • 連続性についての正しい知識と扱い方を習得されたい方
  • 高度なモデリングテクニックを習得したい方

受講者様の声

 遊戯機関連メーカー様

これまでほとんど外注にモデリングを依頼していて、指示や調整作業で相当手間がかかっていたため、Rhinocerosでの内製化を考え、基礎・応用トレーニングを受講しました。
Rhinocerosは機能が豊富なため、基礎から学ぶことができ本当に良かったです。
Illustratorのパスデータを取り込んでモデリングを立ち上げ、簡易的なレンダリングの描画も可能になりました。

 芸術大学プロダクト学科教授様

これまで市販の教本を読んでRhinocerosを使用していましたが、モデリングに行き詰まることがあったため、知識の拡充とスキルアップのために受講しました。
細かな質問にも臨機応変に答えていただき大変勉強になりました。

お申込み

ご記入頂いた個人情報は、セミナーおよびトレーニングの実施・運営のため、講師の参考資料として利用するほか、弊社からの各種連絡・情報提供のために利用させて頂きます。また弊社の提供するセミナー・トレーニング・取扱商品・出展イベントのご案内、並びに資料の発送以外の目的で使用することはございません。
弊社における個人情報のお取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。

トレーニング名

Rhinoceros 応用トレーニング

開催日時 [必須]

会社名

部署名

申込者名 [必須]

申込者名フリガナ [必須]

申込人数 [必須]

郵便番号 [必須]

住所 [必須]

電話番号 [必須]

メールアドレス [必須]

お客様の業務内容

Rhinocerosのご導入 [必須]

導入済未導入

Rhinocerosのご利用目的

工業デザイン機械設計モールド設計試作治工具・金型CAMレンダリング・アニメーションゲームリバースエンジニアリングその他 

他にご利用のソフトウェア

AutoCADCATIASolidworksGeomagicVectorworksNXInventor3dsMaxCinema4DMODOZBrushFusion360その他 

本セミナー・トレーニングをどこで知りましたか?

弊社ホームページ弊社からの案内メール担当営業からの案内知人からの紹介その他 

その他連絡事項


お支払い方法につきましては、お申込み後担当者よりご連絡します。


その他のRhinocerosトレーニング

Rhinoceros 基礎トレーニング
Rhinoceros クオリティアップトレーニング
Rhinoceros オーダーメイドトレーニング
Glasshopper トレーニング
Grasshopper 建築トレーニング