Rhinoceros 基礎トレーニング

3日間で中級レベルにステップアップ!

Rhinoceros開発元である、米国McNeel社公式の基礎トレーニングコースです。

Rhinoでモデリングを行うには、サーフェスの骨組みとなる曲線の作図が不可欠です。
まずは素早く正確な曲線が作れるように作図コマンドについて学習し、その後サーフェスコマンドをご紹介していきます。
Rhinocerosを独学ではなく、正しい操作方法と基礎知識を学びたいという方は是非ご受講下さい。

短期間+動画視聴タイプの基礎講座の場合は、2dayオンライン/対面トレーニングもご検討ください。

こんな方にオススメ

  • これからRhinocerosを使用される初心者の方
  • Rhinoceros を使い始めてはいるが、操作方法に疑問が生じてモデリングが行き詰まってしまう方
  • Rhinocerosをこれまで独学で操作してきたが、正しい操作方法と基礎知識を学び直したい方

具体的な到達目標

  • Rhinocerosで3Dモデルを構築するのに不可欠な、サーフェスの骨組みとなる曲線の作図方法を習得。
  • Rhinocerosで採用しているNURBSモデリングの3つの要素、制御点/次数/ノットについて学習し、それらの活用方法を理解。
  • 曲面形状の製品を、図面寸法に沿ってモデリングするアプローチ方法の流れをつかむ。

トレーニング概要

期間3日間(6時間×3日)
10:00~17:00 ※昼1時間休憩
会場Zoomによるライブ講座のオンライン受講、または対面受講。
あらかじめお客様のPCにZoomのインストールをお願いしますが、お客様側でのZoomアカウント設定は必要ありません。
対面受講の場合、下記開催場所での実施となります。
ディプロス株式会社 トレーニングルーム(名古屋)
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3-17-6 ナカトウ丸の内ビル2F(MAP
定員最小開催人数3名~最大12名様
※最小開催人数を下回る場合、開催を中止、または延期させて頂く可能性が御座います。
※弊社トレーニングルーム内での対面受講人数は、6名までと入室制限をさせていただきます。
受講料税別108,000円 税込118,800円(1社2名以上の場合 →1名あたり税込100,980円)
※全256ページのテキスト・教育用サンプルデータ付き
受講後3ヶ月間トレーニング内容に関するご質問をお受けします。
内容基礎的なインターフェースおよびモデリングで必要となってくる以下の操作の十分な知識を身に着けた上で、図形作成から3Dサーフェスモデリングに取り組んでいただきます。
その他Rhinoモデリングで必要となる制御点の扱い方、リビルド、次数の変換についてお伝えします。
  • 指定の座標位置、長さ、角度で線を描く
  • 曲線の切断、および折り目なく接続する
  • 指定の寸法内で作図
Chapter 1 はじめに
Rhino概要 / Rhinoで扱うオブジェクトの種類の解説
Chapter2 Rhinoインターフェース
画面構成 / マウス操作 / コマンドの入力 / ヘルプ / コマンドライン履歴 / ビューの操作
Chapter3 ジオメトリの作成と修正
直線の作成 / 自由曲線の作成
モデリング補助機能 / 作業の保存 / レイヤー / オブジェクトの選択方法と削除
Chapter4 正確なモデリング
指定の座標、長さ、角度で線を書く
オブジェクトスナップ / モデリング補助機能
ビューポートと作業平面
解析コマンド / 円、円弧の作成 / 楕円と多角形の作成
回転体の断面線、対称形状で使用される折り目の出ない自由曲線の書き方
Chapter5 ジオメトリの編集
曲線間を丸めて接続する フィレットとブレンド / 面取り
移動 / コピー / 回転 / グループ化 / ミラー / 結合 / スケール
ガムボール
トリム / 分割 / 延長 / オフセット / 配列 / 作図課題によるおさらい
Chapter6 点の編集
NURBSオブジェクトを制御点・次数・ノットの要素で編集
リビルドコマンド、制御点の移動操作
Chapter7 変形可能な自由形状のモデリング
制御点を扱った自由曲面形状のモデリング
Chapter8 ソリッドのモデリング
曲面上に文字形状の掘り込み、浮彫
Chapter9 サーフェス作成コマンド
平面サーフェス
押し出し / ロフト / 断面線抽出
回転体 / 1、2レールスイープ / ネットワークサーフェス
Chapter10 図面からの3Dモデリング
ハンマーのモデリング
プラスチック容器のモデリング
Chapter11 モデルのインポートとエクスポート
stl、iges、step形式でのデータの入出力

オンライン受講方法

Rhino動画基本トレーニング
※音声でのご質問を予定される場合はマイクもご準備ください。
  1. ライブ講座のご視聴には、無料のWeb会議アプリZoomを使用します。受講日までに必ず、アプリケーションのご準備をお願いします。
  2. 講座中はチャット・マイク機能にてご質問頂けます。その後のご質問はメールにて承ります。
  3. オンライン受講者様は、ライブ配信動画とPDFテキストを見ながら演習を進めていただきます。
  4. オンライン受講時のRhinocerosライセンスは、お客様側にてご用意願います。こちらからRhino7評価版がダウンロードできます。

ご注意事項

  • トレーニング開始後のソフトやZoomが動作しない、ネットワークが繋がらない等のお客様都合によるトラブルに関しては対処しかねる場合がございますので、必ず事前のご準備をお願いいたします。
  • お客様による講座映像の録画は禁止しております。当日オンタイムでのご視聴をお願いいたします。
  • Rhinocerosトレーニングをされる同業他社様のご参加はご遠慮いただいております。

お申込み

    ご記入頂いた個人情報は、セミナーおよびトレーニングの実施・運営のため、講師の参考資料として利用するほか、弊社からの各種連絡・情報提供のために利用させて頂きます。また弊社の提供するセミナー・トレーニング・取扱商品・出展イベントのご案内、並びに資料の発送以外の目的で使用することはございません。
    弊社における個人情報のお取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧ください。

    トレーニング名

    Rhinoceros 基礎トレーニング

    開催日時 [必須]

    会社名

    部署名

    申込者名 [必須]

    申込者名フリガナ [必須]

    申込人数 [必須]

    郵便番号 [必須]

    住所 [必須]

    電話番号 [必須]

    メールアドレス [必須]

    お客様の業務内容

    Rhinocerosのご導入状況 [必須]

    Ver7導入済Ver6導入済Ver5以前を導入済未導入

    Rhinocerosのご利用目的

    工業デザイン機械設計モールド設計試作治工具・金型CAMレンダリング・アニメーションゲームリバースエンジニアリングその他 

    他にご利用のソフトウェア

    AutoCADCATIASolidworksGeomagicVectorworksNXInventor3dsMaxCinema4DMODOZBrushFusion360その他 

    本セミナー・トレーニングをどこで知りましたか?

    弊社ホームページ弊社からの案内メール担当営業からの案内知人からの紹介Twitterその他 

    その他連絡事項


    お支払い方法につきましては、お申込み後担当者よりご連絡します。

    その他のRhinocerosトレーニング

    Rhinoceros 応用トレーニング
    Rhinoceros オーダーメイドトレーニング
    Glasshopper トレーニング
    edu_grasshopper_kentiku