Rhinocerosでメッシュデータを直観的にサーフェス変換

Mesh2Surfaceは、Rhinocerosで動作するリバースエンジニアリングのプラグインソフトです。3Dスキャナ等から取得したメッシュデータをCADデータ化する作業をRhinocerosで行うことができます。

高価なリバースエンジニアリングソフトでのみ実装可能だったメッシュの抽出機能を搭載しており、精度の高いトレースを確認しながらサーフェスを作成することができます。

Mesh2Surface

特徴

簡易な操作性

簡易な操作性

高いトレース精度

高いトレース精度

高コストパフォーマンス

高コストパフォーマンス

主な機能

メッシュ選択
メッシュ選択

変換対象のポリゴンフェースをメッシュ角度やブラシツールで自由に選択することができます。

メッシュ自動領域分割
メッシュ自動領域分割

スキャンデータ形状の曲率に基づいて、ポリゴンメッシュを自動的に分割します。

3Dスケッチ
3Dスケッチ

ポリゴンメッシュにフィットしたサーフェスを作成するために、メッシュ上に直接カーブを描くことができます。

偏差確認
偏差確認

作成されたサーフェスと元のメッシュデータの偏差を確認しながら面を構築することが可能です。

パッチ面の作成
パッチ面の作成

滑らかな曲面には選択範囲にパッチ面を作成することができます。有機的な形状にも対応可能です。

クワッドサーフェス
クワッドサーフェス

四角形のサーフェスのエッジを延長、分割して増やし形状を構築することができます。
※Premiumのみ

機能紹介動画

Mesh2Surfaceの基本的な作業の流れ(メッシュを選択→サーフェスを作成→Rhinocerosへ出力まで)をご紹介します。

Mesh2Surface Premiumに搭載されている、有機形状に特化した機能”クワッドサーフェス”を用いた作業の流れをご紹介します。

機能比較

機能

Mesh2Surface

Mesh2Surface Premium

ブラシ選択ツール

平面、円筒形、球のシェイプ作成

押し出し、回転、パッチ

自動領域分割

座標の位置合わせ

対象面の定義

3Dスケッチ

偏差解析

フィレット測定

ゼブラマッピング

クワッドサーフェス

メッシュへのスナップ

ガムボール

オートサーフェス

点群データ(PTX)のインポート


動作環境

  • Rhinoceros5/Rhinoceros6(64bit)に準拠します。
    ※Rhinoceros4及び32bit版では動作しません。
  • Windows7/8.1/10のOSに対応します。

評価版ダウンロード・製品版の購入

資料ダウンロード

本製品のカタログをPDF形式でダウンロード頂けます。