3Dスキャンデータからの本格的なリバースモデリング

Geomagic Design Xは、3Dスキャナーで測定した大量点群データを3Dプリンターや3D CAD等で適切に取り扱えるデータに変換するソフトウェアです。

3Dに関する様々なフォーマットで出力することが可能なため、実物をスキャンすることから始まる、リバースエンジニアリングにおいて様々なニーズに対応します。

Geomagic DesignX

主な機能とワークフロー

1.座標位置合わせ

スキャンデータ同士の位置合わせ

スキャンデータ同士の位置合わせ

CADデータへの位置合わせ

CADデータへの位置合わせ

参照平面への位置合わせ

参照平面への位置合わせ

2.スキャンデータの処理

表面処理(スムージング、ノイズ除去)

表面処理(スムージング、ノイズ除去)

穴埋め機能

穴埋め機能

メッシュの間引き(曲率を考慮した削減)

メッシュの間引き(曲率を考慮した削減)

3.リバースエンジニアリング

メッシュスケッチ

メッシュスケッチ

フィーチャー作成

フィーチャー作成

自動サーフェス

自動サーフェス

4.ライブトランスファー

DesignXで作成したデータを他CADへ履歴ごとインポート

Design Xで作成したデータを他CADへ履歴ごとインポート

機能紹介動画

動作環境

サポートOSWindows 7, 8, 10 64bit版
CPUIntel / AMDプロセッサ
最小:クロックスピード2GHz以上
推奨:ハイパースレッディング対応、クロック周波数3GHz以上
メモリー最小:8GB
推奨:16GB以上
ディスク空き容量最小:30GB以上
推奨:256GB以上の空き容量を持つSSDまたは10000RPM以上のHDD
ディスプレイ最少1280×960
推奨:1280×1024以上の解像度 32bitカラー
グラフィックボード最小:OpenGL4.0以上に対応する単体のグラフィックボード
推奨:2GB以上のRAM搭載のNVIDIA Quadro またはGeForceシリーズ

Geomagic Design Xの購入

トレーニング

資料ダウンロード

本製品のカタログをPDF形式でダウンロード頂けます。