HDI Carbon 3D Scanner

持ち運びが簡単でカラースキャンも実現

HDI Carbon の特徴

カメラの位置を変更することで様々なワークサイズに対応

カメラの位置を変更することでスキャン範囲を柔軟に設定することができます。

内側にカメラを置くことで小さなものをより細かくスキャンでき、大きな被写体の場合は外側にカメラを置くことで1ショットのスキャン範囲が広がり、効率よくスキャンを行うことが可能です。

部品、人体、自動車パーツなど様々な分野で活躍できます。

スキャンスピードは1ショット1秒

HDI Carbonは約1秒でオブジェクトをスキャンできます。スキャンされたデータは類似形状を読み取り自動で位置合わせされるため、初心者の方でも簡単に3Dデータを取得することができます。