IDEX(独立型デュアルエクストルーダー)による同時造形

Raise3D E2はIDEX(独立型デュアルエクストルーダー)を有したFFF(FDM)形式の3Dプリンターです。

独立型のエクストルーダーを採用したことにより、左右のエクストルーダーを同時に動かし造形ができるようになり、ユーザーの生産性を高める事が可能になりました。

製品の特長

同時造形

IDEX(独立型デュアルエクストルーダー)による同時造形が二種類の方法で行えます。

ミラーモード
対象の3Dモデルと左右対称のモデルを生成し、生産性を高め、印刷時間を短縮します。

複製モード
両方のエクストルーダーで同じモデルを同時に印刷し、生産能力が倍に向上します。

液晶ディスプレイ搭載

タッチパネル式の液晶ディスプレイを搭載しており、どなたでも見た目にわかり易く操作していただく事が可能です。

自動ベッドレベリング

造形プラットフォームの水平を測定します。

自動でノズルとベッドの間の距離を維持し、均一なビルドエリアに調整します。

エクストルーダーが造形表面の小さな変化にも対応できるようにすることでベッドの接着力と造形品質を向上させます。

独自ソフトウェアによる柔軟な造形設定

独自開発のソフトウェア「ideaMaker」。サポート部分が自動的に生成され、業界トップクラスの取り外しやすさを誇ります。

また、難しいデータでもスマートにスライスすることができ、複雑性の高いプリントを可能にします。

独自ソフトウェアによる柔軟な造形設定

造形サイズ

330×240×240 mmの造形エリアで様々なサイズの造形物に対応します。

クラウド上での造形管理

RaiseCloudアプリケーションを使用すれば、タスクの管理を社内外からクラウド上で行う事ができます。

仕様

本体サイズ607×596×465 mm
重量30kg
造形エリア330×240×240 mm
出力方式FFF(熱溶解フィラメント製法)方式
プリントヘッド独立デュアルエクストルーダー(IDEX)
積層ピッチ0.02mm~0.25mm

資料ダウンロード

本製品のカタログをPDF形式でダウンロード頂けます。