ディプロスのデータ解析サービスの特長

ディプロスではスキャンで取得したデータを使用し設計データとの偏差や、垂直度、同軸度などの幾何公差測定を行うことで成形品、加工品の精度を確認します。PDFでのレポート形式でアウトプットを行いますので、製造現場の方もすぐに確認していただけます。

データ解析の種類

カラーマップ3D偏差

カラーマップと偏差ラベルによる偏差量確認を行います。暖色系に表示されている形状はCADモデルよりも凸形状、寒色系に表示されている形状はCADモデルよりも凹形状という形で表示します。

カラーマップ2D断面偏差

3Dスキャンしたデータを特定の断面でカットして2D図面としてカラーマップすることも可能です。
3Dで見るのに比べて、スキャンデータとCADデータの重なりを視覚的に捕らえ易くなり、
必要な情報だけの抽出や、図面上の基準面を用いての比較ができます。

幾何公差測定

幾何要素の位置や要素間の距離、円の直径・半径など、門型三次元測定機と同様の測定や幾何公差(平面度・真円度・真直度・平行度・位置度・同軸度 等)の測定も可能です。

3Dスキャン計測・リバースモデリングサービスもご用意しています

3Dスキャン計測

固定式・ハンディ式・CTスキャンを用いて幅広い3Dスキャン計測業務を行います。

リバースモデリング

スキャンデータの修正・CAD化・2D図面化などの受託業務を行います。