SubstancePainterにオリジナルのアルファテクスチャをインポートする

SubstancePainterにはデフォルトで様々なアルファテクスチャが準備されていますが、オリジナルのアルファテクスチャをインポートすることでより自由なディティールをペイントすることができます。

今回はこのようなアルファテクスチャを新規に作成しました。

アルファテクスチャはグレースケールで用意するテクスチャで、SubstancePainterでディティールをペイントする際にブラシのマスクとして使用することなどができます。

保存したテクスチャ画像をSubstancePainterのウィンドウへドラッグ&ドロップすることでインポートメニュー(Import resources)が開きます。


このダイアログ内でこのファイルをSubstance内でどの様に扱うかを設定します。

ファイル名の横にある欄ではインポートしたファイルをSubstance内でどの様に分類するかを決定できます。
今回はalphaを選択します。

下部のImport your resources to: ではこのファイルは①今回限りの作業で使用するものか②このプロジェクトファイル内だけで使用するものか③毎回使用できるようにするか を選択することができます。
今回はproject”~”を選択します。

選択が終わったらImportを選ぶと使用できるようになります。

インポートしたテクスチャはシェルフやプロパティ内で選択し、ペイントレイヤーなどで活用できます。

オリジナルのディティールをペイントすることができました。
最終的なディティールをグレイスケールのアルファテクスチャを作る時点で逆算して作成する必要がありますが、PhotoshopやIllustratorなどの、それぞれの作業者が手慣れたツールで3Dモデルに付与するディティールを用意することができるのも便利な点ですね。

CADトレーニングを受講する

Rhinoceros, Grashopperに関連した各種CADトレーニングメニューで貴方のスキルアップをサポート致します。

CADソフトウェアを購入する・試用版をダウンロードする

各種CAD・CGツール(Rhinoceros, Rhinocerosプラグイン, SOLIDWORKSプラグイン, Geomagic シリーズ, MODO, ZBrush, weviz)を取り扱っております。

無料セミナーに参加する

CADソフトを使ったモデリング体験、3Dスキャナー・3Dプリンター・VRの事例紹介や実演を行うセミナー等を開催しております。どうぞお気軽にご参加下さい。

エンジニアリング事業部からの最新情報をお届けします