3Dスキャン、CADデータ制作サービスのご紹介

ディプロスでは3Dスキャナーを使用したデータの制作やCADデータ化に関するサービスを行っています。今回の記事ではサービスの内容についてご紹介していきます。

3Dスキャンとは

3Dスキャンとは、3Dスキャナーという機材を使用し、実際に存在する物体から形状を取得して、3Dのデジタルデータを作成することを指します。3Dスキャンは製造業界で多く活用されており製品の検査や設計の業務などで活用されています。

ディプロスでのサービスについて

弊社では請負で3DスキャンやCADデータの制作に関するサービスを行っています。3Dスキャンによるメッシュや点群のデータ取得から取得したデータのCAD化などご依頼は様々です。3Dスキャンについては使用機材である3Dスキャナーも専用の固定具を使用し、定位置で作業するものや、手で持って使用するものなど種類があり、用途によって使い分ける必要があります。ご依頼の内容により必要となる精度や条件についても様々なため、手配できる機材の中から適切な方法でデータ取得を行っています。

また、3Dスキャンで取得したデータはメッシュ(STL)や点群(PLY)となります。そのため、IGESやSTEPといったCADデータとして必要になるという場合もございますのでスキャンデータをCAD化するリバースモデリングのサービスも行っております。こちらもデータの用途により、CAD化の方法もご提案させていただきます。以前の記事にも解説したものがございますので、宜しければそちらもご覧ください。

3Dスキャンやリバースエンジニアリングが活用される場面とは

上で紹介した3Dスキャンやリバースモデリングですがこのような場面で活用されます。

・データや図面が無い製品を現物品からデータ化したい

・現物品に合わせた設計のために、現物品の形状データをCADで使用したい

・人の手では測りにくい対象物の寸法を測定するために3Dモデルを取得したい

・設計のデータと生産品の形状差を確認したい

など

現物品のデータ保存、設計、検査、寸法計測の要素で活用されています。

最後に

これまで弊社では製品そのものや部品、設備、空間など様々なものに対して3Dスキャン、データの制作などを行ってきました。ご状況やデータの用途、目的、対象物に合わせてデータの制作方法をご提案させていただきます。弊社では請負で業務を行っておりますので、外注をご検討される機会がありましたら是非お声がけくださいませ。また、3Dスキャナーを使用した業務を自社で行いたい、3Dスキャナーを一時的に借りて使用したいなどの内製化に関するご相談やリバースエンジニアリングのソフトウェアに関するも承っておりますのでお気軽にお声がけくださいませ。

エンジニアリング事業部からの最新情報をお届けします