造形の幅が広がるRaise3Dオプションのご紹介

ユーザーの方でも意外とご存じない方もいらっしゃいましたので、本日は造形を助けてくれるRaise3Dオプションのご紹介を致します。

①ゴム造形の強い味方「首振りフィラメントスタンド」「PTFEノズルヒーター」

ゴム系の材料をFDM造形しようとするとスムーズに送り出すことが出来ずに造形に失敗する事が多々あります。

そんな状況を改善してくれるのが

首振りフィラメントスタンド
PTFEノズルヒーター

首振りフィラメントスタンドはその名の通り首がノズルの動きに追随するのでフィラメントのスムーズな供給を助けます。

そしてPTFEノズルヒーターはテフロンコーティングにより詰まりやすさを改善しました。

弊社内でもこのオプションを導入してからゴム造形が出来るようになりました!

②Raise3Dタングステン強化ノズル

Raise3Dでは最近強化繊維複合の材料を多く扱えるようになりました。

強化繊維複合の項目を参照

そこで現れたのが

タングステン強化ノズル

今までのノズルでは炭素繊維に負けてしまい消耗に耐えきれませんでしたが強化ノズルの登場で造形の幅がさらに広がりました。

有効なオプションと組み合わせていただくと様々なシーンで使えるRaise3Dプリンターですが、オプションの存在をご存じなくて造形が上手くいかないと仰っている方がちらほらいらっしゃいます。購入された先や日本3Dプリンター社に是非ご相談いただき、余すことなくRaise3Dプリンターをご活用いただければと存じます。

▼Raise3Dプリンター商品ページはこちら

エンジニアリング事業部からの最新情報をお届けします