Rhinocerosでカスタマイズした設定を移行する方法

Rhinocerosはコマンド数が膨大にあり、モデリングする場合には頻繁に使うコマンドをまとめたりして作業効率を上げていると思います。
新しいPCに買い替えたり、クラウドライセンスで運用している方は複数のPCで使用されている方も多いと思いますが、Rhinocerosでカスタマイズした設定の移行に困っている方も多いのではないでしょうか。

Rhinocerosにはカスタマイズした設定をファイルとしてインポート/エクスポートすることができます。
【ツール】⇒【オプションをエクスポート】から設定ファイルをエクスポートします。

設定ファイルは 「.ini」拡張子のファイルになります。
【ツール】⇒【オプションをインポート】から設定ファイルをインポートします。
設定ファイルを移行先のPCでオプションをインポートすると下の画像のようになります。

設定を移行する項目は必要なものだけ選んでインポートすることができます。
注意点としてはカスタマイズしたツールバーは別途設定が必要になります。
全ての設定を移行できるわけではありませんが、一つ一つ手作業で移行するよりは楽になると思います。

ぜひPC移行の際に試してみてください。

CADトレーニングを受講する

Rhinoceros, Geomagic Design X, SOLIDWORKSなど、様々なCADトレーニングメニューで貴方のスキルアップをサポート致します。

CADソフトウェアを購入する・試用版をダウンロードする

各種CAD・CGツール(Rhinoceros, Rhinocerosプラグイン, Geomagic シリーズ, SOLIDWORKS, MODO, ZBrush, MeshroomVR)を取り扱っております。

無料セミナーに参加する

CADソフトを使ったモデリング体験、3Dスキャナー・3Dプリンター・VRの事例紹介や実演を行うセミナー等を開催しております。どうぞお気軽にご参加下さい。

エンジニアリング事業部からの最新情報をお届けします