HDI Compactで食品ボトル容器をスキャン

今日は卓上で使用できる3Dスキャナー『HDI Compact』で、お弁当用にソースや醬油を小分けして持ち運ぶことができる、食品容器をスキャンしてみましたのでご紹介します!

HDI Compactの記事を書くのは久しぶりなので、まずはHDI Compactをご紹介させていただきます。

   

HDI Compactとは?

HDI Compactスキャナーは卓上サイズで使用できるコンパクトな設計にも関わらず、最大0.012mmの高精度なスキャンを行うことが可能です。簡単に持ち運びができ、防塵防滴に優れたアルミボディを採用しているためスキャンする場所を選びません。さらに、キャリブレーションが不要なためセッティングに時間が掛からず素早く3Dデータを取得できます。

HDI Compactには種類がいくつかありますが、今回はC210を用いてスキャンしていきます。



    

食品ボトル容器をスキャン

今回スキャンする容器は半透明のため、まずは白い粉を吹き付けます。半透明の場合、光を透過してしまうためスキャンすることができないため、必ずこの作業が必要となります。

HDI CompactをPCに繋げてすぐにスキャン開始します。キャリブレーションする手間が無いところが作業の時間短縮になるので助かります!

スキャンしたデータがこちらです。

ネジ部分の細かいところまで綺麗にスキャンすることができました!今回はネジ部分はそのままで、それ以外のところの形状変更を行いたいため、この後はCAD化して変更を加えていきます。特に設計データがない場合はスキャンして図面化した方が速い場合も多く、お客様からも良くご相談をいただきます。

弊社では3Dスキャンの受託、スキャンデータのCAD化などの作業もお受けしております。3Dスキャナーを今後活用していけるかまずは試してみたい方や、社内の人手不足でお悩みの方などぜひご相談ください。

もちろん、本日ご紹介したHDI Compactの販売も行っております!実機を見てみたいという方はデモンストレーションをさせていただきます。一度スキャンしてほしいものがあるという方は、対象物をお送りいただけましたらサンプルでスキャンをさせていただきます。お気軽にご相談ください。皆様からのお問合せ、お待ちしております。

お問合せはコチラ
HDI Compactの詳細はコチラ

    

展示会出展のご案内

2020/2/26(水)~2/28(金)に幕張メッセで開催される【3D&バーチャル リアリティ展】に出展いたします。本日ご案内したHDI Compactと同じシリーズのHDI Carbonの展示・実演を行います。ぜひ、弊社のブースにお越しください。

==================================

■開催概要■
最先端の3D技術や超高精細の映像技術が一堂に出展し、その場で体験ができる専門技術展です。映像、アミューズメント業、製造業など幅広い分野の方々が多数来場し、出展企業と活発な商談を行っています。

会  期 :2020年2月26日(水)~28日(金)
開催時間 :10:00~18:00(最終日は17:00まで)
会  場 :幕張メッセ
ブース番号:64-40(11ホール)

展示会詳細は下記をご覧ください。
https://www.japan-mfg.jp/ja-jp.html



3Dスキャナーの購入・レンタル・計測依頼

低価格・高精度・高柔軟性なHDIシリーズをはじめとした、各種3Dスキャナーの販売・レンタル、3Dスキャナーを用いた計測・リバースモデリング・解析を承っております。

3Dプリンターの購入・サンプル造形依頼

国内で急速にシェアを伸ばしているRaise3Dの販売やデモンストレーションを行っております。

無料セミナーへ参加する

CADソフトを使ったモデリング体験、3Dスキャナー・3Dプリンター・VRの事例紹介や実演を行うセミナー等を開催しております。

エンジニアリング事業部からの最新情報をお届けします