HDI Carbon カラースキャンの有用性

3DスキャナーHDI Carbonはカラーのカメラユニットを搭載しているため、形状データのみならずテクスチャーデータの取得が可能です。今回はカラー情報を取得してどの様に使用されているのか、事例をご紹介させていただきます。

デジタルアーカイブでの活用

皆さんはデジタルアーカイブという言葉をご存知でしょうか。名前からある程度想像がつくのですが、データの保管だけではなく、 「貴重な文化的資産の保存」という大きな意味を持っています。

HDI Carbonは最大精度0.05mmと低価格の中でも高精度でのスキャンが可能なので、細かな傷や模様もスキャンが可能です。

2Dの写真による保存だけでなく、3Dでデータを保管しておくことによって、 目で見るだけでなく、形をより立体的な観点で捉えることが可能になります。 また、3Dプリンターなどを活用することで、現物を造形することができ、活用の幅は非常に広がっています。
ディプロスではこれまで、オリンピックで過去に使われたメダルやトーチや、 大仏などの大型文化財など、様々な対象を3Dスキャンした実績もありますので、デジタルアーカイブでの活用をご検討の方はお声掛けください。

CGでの活用

3Dスキャナーはデザインの検討やCG分野でも活用されています。 試作品を1点作成し、3Dスキャンしたデータを利用してカラーバリエーションを検討したり、 プロモーション用のデータに使用されたりと、様々な場面で見ているCGデータは、実は3Dスキャンが使用されていたりします。

テクスチャーは出力時に画像データか頂点カラーで選択いただけます。カラー情報の取得も必要な方はぜひ、HDI Carbonをご検討ください。

また、ディプロスでは 対象物をお送りいただいてのサンプルでスキャンはもちろん、 お伺いしてのデモンストレーションをさせていただくことも可能です。 お気軽にお問い合わせください。

お問合せはこちらから
HDI Carbonの詳細は
こちらから

3Dスキャナーの購入・レンタル・計測依頼

低価格・高精度・高柔軟性なHDIシリーズをはじめとした、各種3Dスキャナーの販売・レンタル、3Dスキャナーを用いた計測・リバースモデリング・解析を承っております。

3Dプリンターの購入・サンプル造形依頼

国内で急速にシェアを伸ばしているRaise3Dの販売やデモンストレーションを行っております。

無料セミナーへ参加する

CADソフトを使ったモデリング体験、3Dスキャナー・3Dプリンター・VRの事例紹介や実演を行うセミナー等を開催しております。

エンジニアリング事業部からの最新情報をお届けします