XNurbs ver2.1リリース

この度RhinocerosプラグインXNurbsのマイナーアップデートver2.1日本語版をリリースしました。
XNurbsをご購入済みのユーザー様は無償でご利用頂けますのでダウンロードサイトよりダウンロードしてご利用下さい。

今回はVer2.1でのアップデート内容をご紹介させていただきます。
Ver2.1では境界エッジ間のオーバーラップ/ギャップなど、不十分な入力ジオメトリからでもより良い品質のサーフェスを生成するようにプログラムが改善されています 。サーフェス品質の改善以外ではUIが一部変更されています。

精度を設定

以前のUIであった「フルプレビュー」の項目がなくなり「精度を設定」が追加されました。Ver2.1では「プレビュー」にチェックを入れることで最終的に生成されるサーフェスのプレビューを見ることができます。
「精度を設定」のチェックを外した状態では精度のパラメータに制限がされますが、コンセプトモデルや迅速にサーフェスを作成したい場合に役立ちます。

UVフロー

UIに新たにUVフローという項目が追加されました。以前からVer2.0からUVについての設定項目がありましたが、種類が増えたためプルダウンから選択できるようになりました。サーフェスのUVの流れをコントロールするオプションが選択できます。

上のGIF動画でUVフローの3つのパターンの生成を見ることができます。
Ver2.1では以前からUVフローに「隣接曲線に揃える」という項目が新たに追加されました。

3パターンの比較した画像です。「ナチュラル」は以前のバージョンからある仕様のもので「境界曲線に揃える」はVer2.0で追加されたものです。

Ver2.1で追加された「隣接曲線に揃える」ですが、上の画像でいう青いラインが隣接曲線になります。このラインに沿うようにサーフェスの外形およびUVが構成されます。この機能により、サーフェスの繋がりがより綺麗に表現できるようになりました。 この機能は「四辺面に最適化」にチェックを入れた時にのみ機能します。 「四辺面に最適化」が選択されていない場合、このオプションは「境界曲線に垂直に維持」と同じ挙動になります。

以上がVer2.1でのアップデート内容になります。
XNurbsは30日間の体験版もございますのでぜひお試し下さい。
https://www.dipross-online.com/products/detail.php?product_id=168

ご購入頂いております皆様には別途メールにてインストーラーをお送りさせていただきますのでご確認下さい。

CADトレーニングを受講する

Rhinoceros, Geomagic Design X, SOLIDWORKSなど、様々なCADトレーニングメニューで貴方のスキルアップをサポート致します。

CADソフトウェアを購入する・試用版をダウンロードする

各種CAD・CGツール(Rhinoceros, Rhinocerosプラグイン, Geomagic シリーズ, SOLIDWORKS, MODO, ZBrush, MeshroomVR)を取り扱っております。

無料セミナーに参加する

CADソフトを使ったモデリング体験、3Dスキャナー・3Dプリンター・VRの事例紹介や実演を行うセミナー等を開催しております。どうぞお気軽にご参加下さい。

エンジニアリング事業部からの最新情報をお届けします