SolidWorks「面の削除」について

SolidWorksにstepデータ等を読み込む際、「データが壊れてソリッドにならない」

…なんてことはよくあります。

インポート診断などで解決しない場合、手動でデータを修繕する事もあるでしょう。

そんなときに、「面の削除」を知っていると便利です。

円形断面の段付き丸棒…かと思えば、細いところがサーフェスになってます。

こんなときに…

メニューバー「挿入」>「面」>「削除」を選択します。右の画像の緑色の面を選択し、チェックボックスは「削除」をチェックします。

すると…

ソリッドであった太い円柱部分の1面が削除され、サーフェスに置き換わりました。

次に、抜けてしまった部分を、大小の円柱のエッジを使って、ロフトで補完をします。

それらすべてのサーフェスを、サーフェスツールの「接合」を使って一つに繋げれば…

開いたサーフェスを含むデータより、全てが閉じたソリッドボディを作ることができました。

途中の工程はどのコマンドを使っても良いと思います。トリムで閉じたサーフェスを作ってからの厚み付けでも、その他の方法でも…。

この例の様な簡単なものばかりなら苦労はありません。

しかし、修復作業に「面の削除」を加える事で、少しは楽をすることができるかもしれません。

今回はSolidWorksの「面の削除」についてをご紹介いたしました。

CADトレーニングを受講する

Rhinoceros, Geomagic Design X, SOLIDWORKSなど、様々なCADトレーニングメニューで貴方のスキルアップをサポート致します。

CADソフトウェアを購入する・試用版をダウンロードする

各種CAD・CGツール(Rhinoceros, Rhinocerosプラグイン, Geomagic シリーズ, SOLIDWORKS, MODO, ZBrush, MeshroomVR)を取り扱っております。

無料セミナーに参加する

CADソフトを使ったモデリング体験、3Dスキャナー・3Dプリンター・VRの事例紹介や実演を行うセミナー等を開催しております。どうぞお気軽にご参加下さい。

Follow me!