Rhinoceros6 曲線の端点を表示する

Rhinoceros6にて追加された「曲線の端点を表示する」コマンドについて紹介します。

Rhinocerosで作図をする際に曲線が結合できない、押し出しコマンドを行ってみるとソリッド化できないということがあると思います。これらの大半は、曲線の端点が何らかの原因で離れてしまっていることです。

上記のラインも結合してみましたが、閉じた曲線が一つしか作成されませんでした。複雑なラインであればあるほど、どこが合っていないかを探すのが大変ですが、Rhinoceros6で「曲線の端点を表示する」コマンドが追加されました。

場所は解析のツールの中にあります。解析したい曲線を選択して実行してみます。

実行してみると、端点分析というウインドウが現れます。この中の開いた曲線の始点・終点にチェックを入れると、曲線のどこが開いているかを表示してくれるようになります。

地味なコマンドですが、今まではどこが結合できていないか、苦戦していた人も多いのではないでしょうか。Rhinoceros6にて追加されていますので、是非お試し下さい。

CADトレーニングを受講する

Rhinoceros, Geomagic Design X, SOLIDWORKSなど、様々なCADトレーニングメニューで貴方のスキルアップをサポート致します。

CADソフトウェアを購入する・試用版をダウンロードする

各種CAD・CGツール(Rhinoceros, Rhinocerosプラグイン, Geomagic シリーズ, SOLIDWORKS, MODO, ZBrush, weviz)を取り扱っております。

無料セミナーに参加する

CADソフトを使ったモデリング体験、3Dスキャナー・3Dプリンター・VRの事例紹介や実演を行うセミナー等を開催しております。どうぞお気軽にご参加下さい。

エンジニアリング事業部からの最新情報をお届けします