サーフェス作成時に線とエッジの選択に制限をかける方法

Rhinocerosでサーフェスを張る際に輪郭線を指示しようとすると、いちいち選択メニューが出て、”曲線” or “サーフェスエッジ”の選択を切り替えるのがわずらわしいと思われた事はないでしょうか。
そんな時に有効な2つの操作をご紹介いたします。

選択フィルタを使用

普段あまり使用する機会はありませんが、Rhinocerosの画面右下に選択オブジェクトにフィルタ(制限)をかけるモデリング補助機能があります。

“曲線”の項目のチェックを外しておけば、画面上で曲線をクリックしても選ばなくなります。結果的に、サーフェスを張る要素としてはエッジだけが選択できる状態になります。

コマンドプロンプトに指示

別の方法として、サーフェス作成コマンド実行時に、コマンドプロンプトに edge と入力すれば、選択対象をサーフェスエッジだけに限定できるようです。

線だけ選ぶようにするため line と入力した場合は、なぜか認識しませんでした。。一度お試しください。

ただしこの方法だと、毎回コマンド使用時に”edge”と追加入力しなければいけないので、多用するのであればコマンドマクロに登録してはいかがでしょうか。

サーフェス作成コマンドのボタン編集画面を開いて、”edge”と追記します。

弊社で行っているRhinocerosアドバンスモデリングコースでは、こういったオリジナルのコマンドボタンを作成する方法もお伝えしておりますので、よろしければご利用ください。

今回ご紹介した2つの方法を実行している動画も作成しましたのでご覧ください。

 
以上、Rhinoceros・Grasshopper教育講師の勝間でした。

今後も有効な操作方法を皆様にお伝えしていきたいと思います。

CADトレーニングを受講する

Rhinoceros, Geomagic Design X, SOLIDWORKSなど、様々なCADトレーニングメニューで貴方のスキルアップをサポート致します。

CADソフトウェアを購入する・試用版をダウンロードする

各種CAD・CGツール(Rhinoceros, Rhinocerosプラグイン, Geomagic シリーズ, SOLIDWORKS, MODO, ZBrush, weviz)を取り扱っております。

無料セミナーに参加する

CADソフトを使ったモデリング体験、3Dスキャナー・3Dプリンター・VRの事例紹介や実演を行うセミナー等を開催しております。どうぞお気軽にご参加下さい。

エンジニアリング事業部からの最新情報をお届けします