Mesh2Surface 機能紹介

先日弊社で取り扱いを開始しました、Rhinocerosのリバース用プラグイン「Mesh2surface」の機能を紹介します。

Mesh2Surfaceでは、メッシュデータから簡単に平面や円柱、球体といった基本的な形状を作成することができます。

今回は、サンプルとしてテープカッターの3Dスキャンデータを用意しました。

Meshデータを選択し、Mesh2Surfaceのメニューから「Shapes」を選択します。すると、Mesh2Surface専用のウインドウが立ち上がります。

Mesh2Surfaceのリバース作業は、基本的にこのShapesの中の機能で行います。この中のメッシュ選択は、非常に使いやすいようになっています。選択したい範囲のメッシュを一部選択して…

上部にある選択範囲の角度の数字を変えると…右のように曲率を計算して選びたい範囲を調整することができます。選択範囲を調整したら、左側にあるシェイプの種類を選択します。

シェイプは、様々な種類が用意されています。今回は後ろの箇所がR形状に見えるので「Cylinder」を選択します。

すると、選択した箇所に合わせて円柱が一番フィットするような形で作成されます。

作成された円柱とメッシュとの偏差も解析できます。作成したシェイプは履歴として残ります。

最後に画面左下の「Creat in Rhino」というボタンを押せばRhinoceros側に面が作成されます。

いかがでしたか?Mesh2Surfaceは非常にシンプルで使いやすく、強力なツールが揃っています。ご興味のある方は是非体験版をお試し下さい!

CADトレーニングを受講する

Rhinoceros, Geomagic Design X, SOLIDWORKSなど、様々なCADトレーニングメニューで貴方のスキルアップをサポート致します。

CADソフトウェアを購入する・試用版をダウンロードする

各種CAD・CGツール(Rhinoceros, Rhinocerosプラグイン, Geomagic シリーズ, SOLIDWORKS, MODO, ZBrush, weviz)を取り扱っております。

無料セミナーに参加する

CADソフトを使ったモデリング体験、3Dスキャナー・3Dプリンター・VRの事例紹介や実演を行うセミナー等を開催しております。どうぞお気軽にご参加下さい。

エンジニアリング事業部からの最新情報をお届けします