話題のVRをRhinocerosで!

2016年は”VR元年”と呼ばれ、皆さんもVRという言葉をニュースなどで耳にすることが多々あるかと思います。Rhinoceros上のモデルもVRで見ることができるので、今日はそのご紹介です。

必要なもの

  • HTC ViveまたはOculus Rift
  • 上記が動作する環境

手順

1.MindeskVRのダウンロード

下記ページより”MindeskVR”というプラグインソフトを、用意してあるHMDに適したVer.をダウンロードします。
http://www.food4rhino.com/app/mindesk-vr
※最新Ver.は0.2.0ですがプロダクトキーの取得が必要になりますので、手っ取り早く試したい場合は0.1.2VerをDLすることをお勧めします。

2.Rhinocerosへのインポート

ダウンロードしたMindeskVRをRhinocerosにインポートします。

3.コマンド入力とカメラ開始位置指定

コマンドに”MindeskStartVR”と入力し、カメラの開始位置を指定するとVR表示が開始されます。
※必要に応じてオプションで見え方の調整をしてください

このように簡単に自分で作ったモデルをVRで見ることが出来ます。

平面では確認できない実際の大きさと感じることが出来たり、様々な角度や場所から見ることによって、モデルに対して新たなアプローチが可能です。

また、コントローラを使うことにより、モデルを自由に回転させることや、スケールを変えることも出来ます。

皆様もぜひ試してみてはいかがでしょうか。

CADトレーニングを受講する

Rhinoceros, Geomagic Design X, SOLIDWORKSなど、様々なCADトレーニングメニューで貴方のスキルアップをサポート致します。

CADソフトウェアを購入する・試用版をダウンロードする

各種CAD・CGツール(Rhinoceros, Rhinocerosプラグイン, Geomagic シリーズ, SOLIDWORKS, MODO, ZBrush, MeshroomVR)を取り扱っております。

無料セミナーに参加する

CADソフトを使ったモデリング体験、3Dスキャナー・3Dプリンター・VRの事例紹介や実演を行うセミナー等を開催しております。どうぞお気軽にご参加下さい。

エンジニアリング事業部からの最新情報をお届けします