Rhinocerosソリッド作成ツール

設計担当の鈴木です。

今回は、Rhinocerosでソリッドを作成するツールと、シェル化を行うツールをご紹介します。

Rhinocrosは3Dのサーフェスモデラーになりますが、隙間のないポリサーフェスを構築すれば、SolidWorksやCATIAなどのソリッドモデラーにインポートした際に、ソリッド(中身の詰まった状態)として読み込ませることが可能です。

ソリッドを作成ツール

通常画像のように、全ての面が交差した状態からソリッドを作ろうとすると、互いに交差した箇所で1箇所ずつトリムを行っていき、最終的に結合するといった手順が必要となり、結構な手数が必要となります。

そこで「ソリッドを作成ツール」と使用すると、全てのサーフェスを選択しコマンドを実行するだけでソリッドが作られます。

閉じたポリサーフェスをシェル

次にご紹介するのは、いわゆるシェル化を行うツールです。

シェル化とは、肉厚が一定の厚みになるように中身をくり抜く作業となります。

使い方は「閉じたポリサーフェスをシェル」コマンドを選択して厚みを設定した後、削除したい面を選択するだけでシェル化が実行されます。

さいごに

どちらのコマンドも、ソリッドを作成する上では非常に便利な機能になりますので、使っていない方は是非とも使ってみてください。

CADトレーニングを受講する

Rhinoceros, Geomagic Design X, SOLIDWORKSなど、様々なCADトレーニングメニューで貴方のスキルアップをサポート致します。

CADソフトウェアを購入する・試用版をダウンロードする

各種CAD・CGツール(Rhinoceros, Rhinocerosプラグイン, Geomagic シリーズ, SOLIDWORKS, MODO, ZBrush, MeshroomVR)を取り扱っております。

無料セミナーに参加する

CADソフトを使ったモデリング体験、3Dスキャナー・3Dプリンター・VRの事例紹介や実演を行うセミナー等を開催しております。どうぞお気軽にご参加下さい。

エンジニアリング事業部からの最新情報をお届けします