Grasshopperで叩き加工(槌目)を表現!

Rhinoceros上で動作する無料プラグインソフトGrasshopper(グラスホッパー)にて、サーフェス表面に叩き加工を行ったような形状(槌目加工)の作例をご紹介します。

完成した形状画像がこちらです。

3Dデザインモデルにて形状の事前検討が可能に

データ上でこういった加工を再現することで、実物では作成するまでに時間のかかる形状の事前検討が可能になります。叩く数(凹み面の数)の設定を変えることで、その場合の形状もすぐさま確認することができます。

難しそうな形状であっても指定のコンポーネント(コマンド)を順を追って複数組み合わていけば、複雑な形状表現が再現できます。

そして、Grasshopper自体は”無料”ですので、使い方さえ覚えれば多種多様な場面での活用が期待できます!

Grasshopperは最初に使い始めるのに慣れが必要ですが、基本の使用方法が分かれば様々な可能性を秘めていると思います。

CADトレーニングを受講する

Rhinoceros, Geomagic Design X, SOLIDWORKSなど、様々なCADトレーニングメニューで貴方のスキルアップをサポート致します。

CADソフトウェアを購入する・試用版をダウンロードする

各種CAD・CGツール(Rhinoceros, Rhinocerosプラグイン, Geomagic シリーズ, SOLIDWORKS, MODO, ZBrush, weviz)を取り扱っております。

無料セミナーに参加する

CADソフトを使ったモデリング体験、3Dスキャナー・3Dプリンター・VRの事例紹介や実演を行うセミナー等を開催しております。どうぞお気軽にご参加下さい。

エンジニアリング事業部からの最新情報をお届けします