Rhinocerosで一部のオブジェクトを透明に表示する

Rhinocerosで一部のオブジェクトを透明に表示したいと思ったことはないでしょうか?シェーディングのゴースト表示で全体のオブジェクトを透明で表示することはできますが、シーンが重くなってしまいます。

そこで今回は一部のオブジェクトを透明に表示する方法を紹介します。

ツールはRhinoceros上部の標準メニューのシェーディングに関するツールバーに格納されています。その中に ”オブジェクトのシェーディング属性を設定” というツールがあります。

ツールをクリックするとモードを設定するオブジェクトを選択と出ますので、透明表示にしたいオブジェクトを選択します。すると下部画像のように選択オブジェクトの属性を選択と表示が出るので、その右に表示されている”モード(M)=ビューを使用”をクリックします。

すると下部画像のようにどのような表示にするか選択できますのでゴーストをクリックします。

これで選択したオブジェクトのみゴースト表示になります。

ゴースト表示の透明度を変更したい場合はオプションの中から変更することができます。

以上になります。頻繁に使うようであればマクロに登録すれば1クリックで使うことができます。機会があればぜひお試し下さい。

CADトレーニングを受講する

Rhinoceros, Geomagic Design X, SOLIDWORKSなど、様々なCADトレーニングメニューで貴方のスキルアップをサポート致します。

CADソフトウェアを購入する・試用版をダウンロードする

各種CAD・CGツール(Rhinoceros, Rhinocerosプラグイン, Geomagic シリーズ, SOLIDWORKS, MODO, ZBrush, weviz)を取り扱っております。

無料セミナーに参加する

CADソフトを使ったモデリング体験、3Dスキャナー・3Dプリンター・VRの事例紹介や実演を行うセミナー等を開催しております。どうぞお気軽にご参加下さい。

エンジニアリング事業部からの最新情報をお届けします