Adobe Illustrator→Rhinocerosデータ変換時の注意点

私の中のPostscript最強伝説が音を立てて崩れ落ちました。正確にはPDFですが…結構ショックです。orz…

この話は後ほどさせていただきますが、今日はadobeIllustratorで作成したデータをRhinocerosへ持っていく際の注意点について、お話しようかと思います。

ご存知の通りadobeIllustrator(以下AI)とRhinocerosの親和性は高く、DXFのようにぶつぶつ切れたりすることなくパスを利用できたり、色情報やレイヤー情報を持っていけたりと、便利に使えます。ところがAIにはいくつかバージョンがあるため多少ファイル形式を意識する必要があります。

今回はテストとしてAIで以下のようなデータ(信号機)を作成しました。

これを

  • 最新バージョンCC
  • 不朽の名作CS2
  • 伝説のAIバージョン8

の3つの形式で書き出してそれぞれRhinoでインポートしてみました。

チェックポイントとしては

  • 線の色情報の有無
  • 塗り情報の扱い
  • アートボード外のデータの存在

【結果】

  • アートボードを意識したくないのであればバージョン8形式。
  • 色情報が欲しければCS2以降。
  • 塗りの情報は線データとして変換される。
  • 線と塗りがある場合は二重線になる。

のようです。

特にアートボードの概念はAI独特ですので データ作成時には気をつけてください。

あと、レイヤーの名前が日本語の場合は化けますのでご注意を。

そして、私のPostscript最強という概念が大きく崩れ落ちたのはこの後でした。

AIで直径100mmで作成した円(真円)ですが、あたりまえですがRhinoで計測しても基本的に100mmです。ところが、これを45度回転させてから計測すると寸法が変わります。

ん???真円じゃないのっ?

この円の半径を念のためランダムに計測してみると…

全てR50にならなければいけないハズの数値が…

はい!みごとにバラバラです!どれだけ拡大してもジャギーが出ないPostscript。まさかの真円では無い説!

AI上では寸法精度の概念が弱いので寸法が狂ったのが、作成時なのか変換時なのかはわかりません。AIで言うところのアンカーポイントの箇所(上下左右4点)はわりと正確に寸法が出ていますが、Rhinoに変換したときにアンカーポイントの位置がずれています(数も増えています)どうやらAIのアンカーポイントの無い箇所(ベジェ曲線)の箇所の寸法が、大きくブレているようです。

デザイナー:「寸法ぴったり出しといたから、設計よろしく!」
設計者:「寸法出てないし。 チッ! トレースめんどい」
デザイナー:「いやいやいや….ん?そんなばかな!」(・・;)

なんて日常会話はこうして生まれるのですねぇ。

ちなみにこの寸法を入れたデータをRhinoからAIに書出すと、きちんと反映されていますので指示書の作成や2次元図面等に、安心してお使いください。

ちなみに、Postscriptは印刷するための言語なんです♪(たぶん…)

以上、設計者とよくぶつかる diprossデザイナー 川合でした。

PS:正確にはバージョン8まではPostscript言語、バージョン9~はPDF言語らしいです。

CADトレーニングを受講する

Rhinoceros, Grashopperに関連した各種CADトレーニングメニューで貴方のスキルアップをサポート致します。

CADソフトウェアを購入する・試用版をダウンロードする

各種CAD・CGツール(Rhinoceros, Rhinocerosプラグイン, SOLIDWORKSプラグイン, Geomagic シリーズ, MODO, ZBrush, weviz)を取り扱っております。

無料セミナーに参加する

CADソフトを使ったモデリング体験、3Dスキャナー・3Dプリンター・VRの事例紹介や実演を行うセミナー等を開催しております。どうぞお気軽にご参加下さい。

エンジニアリング事業部からの最新情報をお届けします