Rhinocerosでメッシュデータを処理する

設計担当の鈴木です。今回は3Dスキャナで取得したメッシュデータ(ポリゴンデータ)をRhinocerosで編集する方法をご紹介します。

あまり知られていませんがRhinocerosは3DCADでありながらメッシュデータの編集も行える希少なソフトウェアです。(多くの3DCADはメッシュデータが読み込めなかったり、読み込むだけで編集ができないものとなります。)

メッシュツールの中には

  • メッシュの穴を塞ぐ
  • メッシュを削減する
  • メッシュ分割
  • メッシュトリム
  • メッシュブール演算(和、差、積)

などがあり、開いたメッシュデータから閉じたメッシュデータを作成したり、ポリゴン数が多すぎて作業のできないデータを間引いて軽くすることができます。

またメッシュデータに対してラインを投影することも可能ですので、仮に格子状のラインをメッシュに投影して、パッチコマンドを使用することでメッシュデータに近似したサーフェスを作成することも可能です。

ディプロスではRhinocerosと合わせて3Dスキャナの販売とスキャン・リバースエンジニアリングの請負も行っておりますので気軽にご相談ください。

CADトレーニングを受講する

Rhinoceros, Geomagic Design X, SOLIDWORKSなど、様々なCADトレーニングメニューで貴方のスキルアップをサポート致します。

CADソフトウェアを購入する・試用版をダウンロードする

各種CAD・CGツール(Rhinoceros, Rhinocerosプラグイン, Geomagic シリーズ, SOLIDWORKS, MODO, ZBrush, weviz)を取り扱っております。

無料セミナーに参加する

CADソフトを使ったモデリング体験、3Dスキャナー・3Dプリンター・VRの事例紹介や実演を行うセミナー等を開催しております。どうぞお気軽にご参加下さい。

エンジニアリング事業部からの最新情報をお届けします