Help!! me!! 助けて! (Rhinoceros)

Rhinocerosのコマンドは実に多いので、まだ使ったことの無いコマンドがあったり、ツールパレットにも触った事の無いボタンがあったりしますよね。

皆さんはRhinoのHELP機能を使った事があるでしょうか。AdobeのHelpだったり、WindowsのHelpだったり..世の中のPCに搭載されているHELPの多くは、

HELPなのに、あまり親切でない

HELPなのに、中で使われている用語が難しい

HELPなのに、割りと使えない物が多い

といった理由で、すっかり見なくなってしまった事、ありますよね。結局わからない事はgoogle先生に頼ってしまう。

実はRhinocerosの標準HELPは物凄く使いやすいんです。今日はRhinocerosの標準HELPについて少し触れたいと思います。

HELPの使い方

使い方の分からないコマンドを選択したら【F1Key】を押します。

【F1key】を押すとHELP画面が立ち上がります。

あとは、HELP内容を読むだけ。

以上です♪

先ほど、RhinoのHELP機能が使いやすいと書いたのはHELPの中で、簡単なアニメーションで説明してくれてとてもわかり易いんです。

3DCADは概念が難しい事が多いので、言葉ではイメージしづらいんですよね。

さらに、わからない用語(色がついている物のみ)は、それをクリックすることでさらに詳しい解説が出てきます。

3DCADでしか使わない言葉たくさんありますよね。まるで、ウィキペディアのようです。

とても丁寧な説明でわかりやすい表現が簡潔に出てくるので、ヘタにgoogle先生に聞いて時間を使うよりも素早く作業を進める事ができます。

Rhinoはデザイン・設計業務で使えるCADとしては、とても安くてメニューもHELPも日本語化されていて、有償のバージョンアップも3~5年に一度と、と~っても親切なんですが、なんと!アメリカ製なんですねぇ。

とても好感の持てるCADだなあとHELPの親切さに触れてしみじみと思う、ディプロス デザイナー川合でした。

CADトレーニングを受講する

Rhinoceros, Geomagic Design X, SOLIDWORKSなど、様々なCADトレーニングメニューで貴方のスキルアップをサポート致します。

CADソフトウェアを購入する・試用版をダウンロードする

各種CAD・CGツール(Rhinoceros, Rhinocerosプラグイン, Geomagic シリーズ, SOLIDWORKS, MODO, ZBrush, MeshroomVR)を取り扱っております。

無料セミナーに参加する

CADソフトを使ったモデリング体験、3Dスキャナー・3Dプリンター・VRの事例紹介や実演を行うセミナー等を開催しております。どうぞお気軽にご参加下さい。

エンジニアリング事業部からの最新情報をお届けします

次の記事

Geomagic for SolidWorks