どの3D-CADを導入すべきか

先日お客様より「もし当社に3D-CADを導入するなら、何を選べばよいか」?とのお問合せをいただきました。

現在弊社で販売をしている主なCADは「SolidWorks」と「Rhinoceros」の2種類。大きな違いは、ヒストリーベースであるか否か、そして価格です。

また、複雑な曲面をもつ意匠の作成なら「Rhinoceros」、機構設計を行うなら「SolidWorks」が、より適していると思われます。

ただし、SolidWorksで複雑なモデリングを、Rhinocerosで機構設計ができないと言うわけではありません。どちらか一方のみで業務を完結する事も十分可能だと私は考えます。

自身が実業務でこれらを使い分けるとすれば、対象となる部品が

  • より複雑に作り上げたいなら「Rhinoceros」
  • より単純に作り上げたいなら「SolidWorks」

…といった具合に選定しております。

設計的な視点からは、部品はより単純かつ簡素な形状である事を望み、一方デザイナの意向は複雑な条件を指示される場面は業務において日常的です。

SolidWorksは機械的な設計においての細かな定義が可能な分、設計変更などには柔軟な対応が可能である一方、ヒストリーベースである点がデザイナの意図を具体化する上ではやや煩雑に思え、その点はRhinocerosがより迅速かつ柔軟に対応できる為に重宝しております。

お客様にご提案差し上げる上では、当然価格からしてRhinocerosにて業務を完結できる可能性からお伺いする様には心掛けておりますが、製品によっては双方を上記の様に使い分ける事でより効率化を図る事が可能です。

RhinocerosやSolidWorksについてのお問合せ、セミナーのご用命など、弊社までお気軽にお声掛け下さいませ。上記はあくまで自身の考えに縁るものであり、やはり直接見て、触れて、感じて頂く事で、少しでもお客様の業務のお役に立てられる切っ掛けとなればと考えております。

以上、ディプロス設計の清原でした。

CADトレーニングを受講する

Rhinoceros, Geomagic Design X, SOLIDWORKSなど、様々なCADトレーニングメニューで貴方のスキルアップをサポート致します。

CADソフトウェアを購入する・試用版をダウンロードする

各種CAD・CGツール(Rhinoceros, Rhinocerosプラグイン, Geomagic シリーズ, SOLIDWORKS, MODO, ZBrush, weviz)を取り扱っております。

無料セミナーに参加する

CADソフトを使ったモデリング体験、3Dスキャナー・3Dプリンター・VRの事例紹介や実演を行うセミナー等を開催しております。どうぞお気軽にご参加下さい。

エンジニアリング事業部からの最新情報をお届けします