作例: Grasshopperを使用した義足

今回はGrasshopperを使用した義足の作例を紹介します。

ベースとなるサーフェスからボロノイを使用して別のパターンを作成してみます。ベースとなるサーフェスにボロノイのパターンでくり抜いた形状を作成してみます。

Grasshopperでボロノイを展開します。

展開したボロノイをベースとなるサーフェスに投影して形状を作成します。こちらもスライダーでランダム感やオフセット値など変えることができるようになっています。

最終的に厚みを付け、フィレットをかけたものです。Grasshopperでは難しい作業は途中でベイクし、手作業で行ったほうが早い場合もあります。

前回作ったものと一緒にMODOでレンダリングしてみました。このようにGrasshopperでアルゴリズムを作成すれば幾つものパターンを作成し、検証することができます。

ボロノイパターンはGrasshopperで手軽に使えるランダムパターンです。ぜひ上手く利用してモデリングに取り入れてみてはいかがでしょうか?

以上、diprossモデラーの稲葉でした。

CADトレーニングを受講する

Rhinoceros, Geomagic Design X, SOLIDWORKSなど、様々なCADトレーニングメニューで貴方のスキルアップをサポート致します。

CADソフトウェアを購入する・試用版をダウンロードする

各種CAD・CGツール(Rhinoceros, Rhinocerosプラグイン, Geomagic シリーズ, SOLIDWORKS, MODO, ZBrush, MeshroomVR)を取り扱っております。

無料セミナーに参加する

CADソフトを使ったモデリング体験、3Dスキャナー・3Dプリンター・VRの事例紹介や実演を行うセミナー等を開催しております。どうぞお気軽にご参加下さい。

Follow me!