作例: Grasshopperを使用したデザインボトルの作成

今回はGrasshopperを使用したデザインボトルの作例を紹介します。

ボトルなどの回転体はGrasshopperの得意とするモチーフです。螺旋状のボトルをGrasshopperで高さ、回転数、角数などを制御できるようなアルゴリズムを作成してみました。

Rhinoceros側で用意するものはボトルの外形線のみです。

それぞれの数値スライダー、断面線、Graph Mapperを使用して様々な形のシミュレーションができます。

それぞれ作成したボトルを化粧品っぽくアレンジしてレンダリングしてみました。
(レンダリングはMODOです)

キャップなどはベイクした後にRhinoceros側で作成しています。

Grasshopperはこのようにバリエーションを検討する際に非常に有効的です。

回転体はGrasshopperでも初心者向けなので是非チャレンジしてみて下さい。

CADトレーニングを受講する

Rhinoceros, Geomagic Design X, SOLIDWORKSなど、様々なCADトレーニングメニューで貴方のスキルアップをサポート致します。

CADソフトウェアを購入する・試用版をダウンロードする

各種CAD・CGツール(Rhinoceros, Rhinocerosプラグイン, Geomagic シリーズ, SOLIDWORKS, MODO, ZBrush, MeshroomVR)を取り扱っております。

無料セミナーに参加する

CADソフトを使ったモデリング体験、3Dスキャナー・3Dプリンター・VRの事例紹介や実演を行うセミナー等を開催しております。どうぞお気軽にご参加下さい。

Follow me!