T-Splines: NURBS変換

T-SplinesのNURBS変換の機能について紹介します。

T-SplinesはRhinoceros上でポリゴンモデリングを行うことができるようになるプラグインですが、他のCGソフトで作成したポリゴンデータもNURBSデータに変換することができます。

今回はMODOのプリセットにあるドラゴンをNURBSに変換してみます。MODOからobjデータでエクスポートします。

Rhinocerosでobjデータを開きます。注意点としては、Rhinocerosに取り込むときに多角形のポリゴンは自動的に三角形とや四角形のポリゴンに変換されてしまいます。

取り込んだ状態では”開いたメッシュ”や”閉じたメッシュ”というような表記がされています。他のソフトで作成したポリゴンモデルをT-Splinesで編集するためには”T-Splineメッシュ”に変換する必要があります。

メッシュデータを選択し、T-Splinesのツールバーの「NURBSまたはメッシュをT-Splineサーフェスに変換」をクリックします。

プロパティを見るとT-Splineメッシュに変換されているのがわかります。これでT-Splinesで編集することができるようになります。

「スムースとポリゴンの切換え」でスムースをかけた状態にします。
※ポリゴン数が多いと時間がかかります。

スムースをかけたモデルを選択し、「Rhinoオブジェクトに変換(ポリサーフェスかメッシュに)」をクリックします。

これでメッシュのモデルがNURBSモデルに変換されます。他にもNURBSに変換できるソフトもありますが、ポリゴン数の制限があります。T-Splinesでは変換するポリゴン数の制限がありません。

他のCGソフトで作成されたポリゴンデータの変換にぜひ役立てて下さい。

CADトレーニングを受講する

Rhinoceros, Geomagic Design X, SOLIDWORKSなど、様々なCADトレーニングメニューで貴方のスキルアップをサポート致します。

CADソフトウェアを購入する・試用版をダウンロードする

各種CAD・CGツール(Rhinoceros, Rhinocerosプラグイン, Geomagic シリーズ, SOLIDWORKS, MODO, ZBrush, MeshroomVR)を取り扱っております。

無料セミナーに参加する

CADソフトを使ったモデリング体験、3Dスキャナー・3Dプリンター・VRの事例紹介や実演を行うセミナー等を開催しております。どうぞお気軽にご参加下さい。

Follow me!