Autodesk T-Splines Plug-in for Rhino(Ver4.0)インストールの流れ

Autodesk T-Splines Plug-in for Rhino(Ver4.0)インストールの流れをキャプチャ画像付きでご紹介します。

画像は2015年4月の時点で収録したものですが、インストール中の画像、操作レイアウトは Autodesk社によって予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

ダウンロードしたインストーラー をダブルクリックで実行します。

“実行”をクリック

“Install”をクリック

“Install”を選択

License Typeは、”Stand-Alone”を選択

Product Informationは、”I have my product information”にてserial numberとProduct keyを入力。
※評価版で動作させる場合は、”I want to try this product for 30 days”を選択します

“Install”を選択

(インストールが進行中…)

こちらの画面が出ればインストールは完了です。”Finish”をクリックします。

Rhinoceros5 64bitを起動すると、T-Splinesのプラグインが自動的にロードされ、マゼンタ色のT-Splines専用ツールボタンが表示されます。

いずれかのT-Splines専用ツールボタンをクリックすると、上記の画面が表示されます。画面内のチェックボックスにチェックを入れて、”I Agree”をクリック。以上でT-Splinesが使用可能になります。

評価版をご使用の場合は、Rhinoceros起動後に下記の画面が出ますので、30日の期限内であれば毎回”Try”を選択してください。ライセンスをご購入いただいた場合は、”Activate”をクリックしserial numberとProduct keyを入力してください。

CADトレーニングを受講する

Rhinoceros, Geomagic Design X, SOLIDWORKSなど、様々なCADトレーニングメニューで貴方のスキルアップをサポート致します。

CADソフトウェアを購入する・試用版をダウンロードする

各種CAD・CGツール(Rhinoceros, Rhinocerosプラグイン, Geomagic シリーズ, SOLIDWORKS, MODO, ZBrush, MeshroomVR)を取り扱っております。

無料セミナーに参加する

CADソフトを使ったモデリング体験、3Dスキャナー・3Dプリンター・VRの事例紹介や実演を行うセミナー等を開催しております。どうぞお気軽にご参加下さい。

エンジニアリング事業部からの最新情報をお届けします

次の記事

T-Splines: NURBS変換