ディプロス株式会社

「ネ申エクセル」問題。

実はエクセルって…(エクセルの歴史

皆さんご存知のMicrosoft様が販売している「Excel」はWindows版が登場する前より、1985年にApple Macintosh用に開発された物でした。日本と違い、税の自己申告(確定申告)が義務であるアメリカではパーソナルコンピューターと表計算ソフトが求められてました。MacOS譲りの優れたインターフェースを持つ「Excel」は発売当初よりベストセラーとなりました。

しかし日本では、軽快に動作し操作し易い「Excel」はワープロ代わりに使用してしまう独特の文化が成長しました。

「ネ申エクセル」問題。

2016/11/02 – 自民党の河野太郎議員が、一部で「神(ネ申)エクセルと呼ばれるエクセルをワープロのように使って作成された書類について、自治体に改善させる意向を示しました。

Excel方眼紙(エクセルほうがんし)とは、Microsoft Excelに代表されるセル結合機能を有した表計算ソフトで、縦横同幅程度の狭幅に設定したセルを方眼紙に見立てる様式。上記の様式を用いて、セル結合機能と罫線機能を用い、ワードプロセッサ・DTPソフト代わりとして文書作成に用いる、日本独特のビジネス文書作成習慣。このような様式はネットスラングでネ申エクセル(神エクセル)と呼ばれていたが、この様式を問題視する学術関係者や国会議員などもにも広まっている。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/Excel方眼紙

エクセルを使用しててのお困りごと。

●過去のデータの再利用が出来ない
●必要な書類が見つからない
●誰かが開いていて、編集出来ない
●レポート作成に手間がかかる
●タブレットで編集と閲覧が出来ない

と皆様、かなりお困りの様子…。


でも、お仕事に効く処方箋あります!